綾辻行人の大人気「館」シリーズはこの順番で読まなければもったいない!主要人物と簡単な本の紹介付き

新本格という言葉を生み出した綾辻行人さんの「館」シリーズは、館が醸し出す怪しい空気と、次々と起こる凄惨な事件、あっと驚く謎の解明で、多くのミステリーファンを魅了しています。

今読み直しても面白さが衰えていない「館」シリーズについて、概要をまとめてみました。

綾辻行人の「館」シリーズの主要人物と基本知識

伝説の建築家・中村青司(故人)が建てたとされる「館」は奇妙なものばかり。その上、主人公たちが訪れた先々の「館」では、必ず凄惨な殺人事件が起こるという…。

「館」というある種独特の空間と、凄惨で謎めいた殺人事件、そこここに出てくる故・中村青司の影、と現代ミステリーでありながら全体的に幻想的な雰囲気が濃く纏わりつく長編小説です。「館」という現世から切り離された別世界に、ゆっくりと嵌っていくような小説だと思います。

謎解きの最後にくる「どんでん返し」も見どころの一つです。

 

【主要な登場人物】

  • 中村青司:風変わりな館を建てることでも有名な伝説の建築家(故人)
  • 島田潔:探偵役。推理小説マニアで中村青司の建築物に興味を持っている。
  • 江南孝明:新米編集者。鹿谷の友人。
  • 鹿谷門実:駆け出しの推理作家。「迷路館の殺人」は鹿谷の実体験を元にしたデビュー作という形。探偵役もこなす。

「館」シリーズの紹介

「館」シリーズは、全部で9作品あります。順に見ていきます。

1.十角館の殺人(1987)じゅっかくかんのさつじん

大学の推理小説研究会の7人が、半年前に凄惨な殺人事件が起こった孤島を訪れ、島に唯一残る館で一週間を過ごすことになった。館の名前は「十角館」。この館を設計した中村青司は、半年前の四重殺人事件の被害者の一人だった。やがて学生7人を襲う連続殺人事件。犯人は一体…?

 

2.水車館の殺人(1988)すいしゃかんのさつじん

異形の館「水車館」で一年前の嵐の夜に惨劇が起きた。墜落死した女性、消えた男性と一枚の絵。「水車館」に住む仮面をつけた主人と若く美しい妻の元を島田潔が訪れたとき、事件が動き出し再び惨劇が始まる。

 

3.迷路館の殺人(1988)めいろかんのさつじん

奇妙奇天烈な地下の館「迷路館」。そこの招かれた4人の作家たちは、自殺した迷路館の主人の遺言に従い、莫大な遺産をかけて推理小説の執筆に挑む。だが作家たちが次々と小説の見立てどおりに殺されていく。

 

4.人形館の殺人(1989)にんぎょうかんのさつじん

自殺した実父の残した「緑影荘」へ引っ越すことになった想一。そこは顔のないマネキンが随所に置かれている日本家屋で、中村青司が改装に関わったと噂の「人形館」だった。周囲で次々と奇妙な事が起きはじめ恐怖を感じた想一は、友人である島田潔に助けを求める。

 

5.時計館の殺人(1991)とけいかんのさつじん

鎌倉の外れに建つ謎の館「時計館」には10年前に死亡した少女の霊が出るという。オカルト雑誌の取材のため、その館に3日間泊まり込むことになった編集者の江南を含む9人のチーム。交霊会の夜を境に次々と殺人事件の幕が開けた。

 

6.黒猫館の殺人(1992)くろねこかんのさつじん

火災で記憶を失った男の依頼を受け、江南と友人の鹿谷は、男が昨年まで管理人を務めていたという「黒猫館」を訪れることに。大いなる謎を秘めた「黒猫館」の設計を手掛けたのは、かの中村青司だった。

 

7.暗黒館の殺人(2004)あんこくかんのさつじん

湖の小島に建つ漆黒の館「暗黒館」。浦登家の人々が住むその館では「ダリアの日」と呼ばれる奇妙な宴が開催されている。中也こと私は、当主の息子に招待されダリアの宴に参加するが…。次々と起こる殺人事件と、ダリアの宴の正体とは?

 

8.びっくり館の殺人(2006)

怪しい噂の流れる洋館「びっくり館」。館に住む少年と友達になった三知也は、少年の祖父が演じる異様な腹話術劇に慄くが…そしてクリスマスの夜に密室殺人が起きる。

 

9.奇面館の殺人(2012)きめんかんのさつじん

作家仲間の依頼を受け、身代わりで1泊2日の集まりのため「奇面館」を訪れた鹿谷門美。館の主人の意向で、参加者たちは全員鍵のかかった仮面をかぶらなければならなかった。季節外れの大雪で館が孤立した翌朝、館の主人とみられる体の一部が欠損した遺体が見つかる。

 

8作目の「びっくり館の殺人」だけは、児童向けに書かれたものです。簡単に概要をまとめてみましたが、どの「館」もおどろおどろしい雰囲気を漂わせています。

「館」シリーズは、とにかく長いのが特徴です。一冊で収まっていない作品も多くありますので、読む時はしっかりと読む体制を整えるのが大切です。

「館」という特殊空間の中で起きる事件なので、トリックは館内に施されているのだろうと思いきや、かなりぶっとんだスケールで事件は展開しています。ネタバレ同然になってしまうのでここでは書きませんが、このあたりの謎が解明した瞬間の「あっ」という衝撃が、すっごく快感なので、ぜひこの快感を一度味わってみていただきたいです。

この9作品のうち、評価が高いのがデビュー作の「十角館の殺人」。アガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」を彷彿させます。

「時計館の殺人」も好きな人が多そうです。

私個人としては「暗黒館の殺人」が結構好きです。話が長いのです。ひたすら長くてとにかく長くて、いつになったら終わりが見えてくるんだろうと、ずっと「待て」をさせられている気分に陥りながらも読み進め、ようやく頭の中のモヤモヤとしていた謎が一つに繋がった瞬間、視野が180度回転する感じがしました。心地良かったです。ただ長いのです。時間がたっぷりある時に読むのをおすすめします。

「館」シリーズを読む順番はこれ!

最後になってしまいましたが、読む順番は、素直にそのまま「発行順に読んでいく」です。

好きな本から読んでも構わないと思いますが、前作を読んだ前提で話が進んでいくので、「館シリーズ」を最大限に楽しむなら、発行順が一番です。

後ろの方を先に読んでしまうと、初めの頃に発行された作品をネタバレ状態で読んでいくことになります。それはそれで新鮮な目線で読めそうな気もしますが。

これを機に綾辻さんの「館」シリーズを手に取ってもらえると嬉しいです。まず初めは「十角館の殺人」からです。