中山七里

岬洋介シリーズ

中山七里「岬洋介シリーズ」第3弾『いつまでもショパン』あらすじとネタバレ感想

中山七里さんの「いつまでもショパン」のあらすじと感想をまとめました。 ショパン・コンクールの参加者の一人、ヤン・ステファンス視点で話が進むため、主軸がピアノコンクール、それに時々事件が混じるといった構成になっています。岬も出てきますが...
岬洋介シリーズ

中山七里「岬洋介シリーズ」第5弾『もういちどベートーヴェン』あらすじとネタバレ感想

中山七里さんの「どこかでベートーヴェン」のあらすじと感想をまとめました。 岬洋介シリーズ次作となる「合唱」で殺人事件の容疑者となってしまった天生高春視点での、司法修習生時代の岬を描いたものです。 前作の「どこかでベートーヴェン」...
岬洋介シリーズ

中山七里「岬洋介シリーズ」第4弾『どこかでベートーヴェン』あらすじとネタバレ感想

中山七里さんの「どこかでベートーヴェン」のあらすじと感想をまとめました。 今回は、僕こと鷹村亮の一人称で物語が進行していきます。彼は転校生・岬洋介の親友ですが、なぜ彼が語り手になっていたのかはラストの一行で明かされます。環境に見合った...
スポンサーリンク
岬洋介シリーズ

中山七里『合唱 岬洋介の帰還』あらすじとネタバレ感想

中山七里さんの「合唱 岬洋介の帰還」のあらすじと感想をまとめました。 豪華、の一言です。タイトル通りメインは「岬洋介シリーズ」かもしれませんが、他の作品の主役級のキャラ達がほぼ全員出てきて事件に絡んできます。事件の舞台が埼玉なので、さ...
中山七里

中山七里『帝都地下迷宮』あらすじとネタバレ感想

中山七里さんの「帝都地下迷宮」のあらすじと感想をまとめました。 廃駅オタクの区役所職員が、違法をおして都内の地下にある廃駅へ行くとそこには100人ほどの住人がいて……というちょっと変わった設定でした。引き込まれる文章に舞台設定、人物設...
2020.06.24
中山七里

中山七里『騒がしい楽園』あらすじとネタバレ感想

中山七里さんの「騒がしい楽園」のあらすじと感想をまとめました。 都内の幼稚園が舞台のドタバタ?ミステリーです。坂を転がるように事態が悪化していくスピード感に魅せられました。が、この作家さんらしくなく、ラストのあっというようなどんでん返...
2020.06.24
中山七里

中山七里『死にゆく者の祈り』あらすじとネタバレ感想

中山七里さんの「死にゆく者の祈り」のあらすじと感想をまとめました。 教誨師(きょうかいし)の顕真が主人公の話です。Wikipediaによると教誨師とは受刑者に対して徳性の育成を目的として教育することで教誨・教戒を行う者のことです。死刑...
2020.06.24
中山七里

中山七里『人面瘡探偵』あらすじとネタバレ感想

中山七里さんの「人面瘡探偵」のあらすじと感想をまとめました。 肩にできた人面瘡のジンさんが探偵役を務めるという一風変わった設定でした。読みやすいけれど入りにくい話という印象でした。ワトソン役を務めるわけでもなく、ただただ事件に流されて...
2020.06.24
中山七里

中山七里『笑え、シャイロック』あらすじとネタバレ感想

中山七里さんの「笑え、シャイロック」のあらすじと感想をまとめました。 金融モノ、しかも渉外部という不良債権回収モノということで正直苦手だなと思っていたのですが、読み始めるとすぐに引き込まれ、勢いに任せてぐいぐい読み進めてしまいました。...
2020.06.24
刑事犬養隼人シリーズ

中山七里「犬養隼人」シリーズ第4弾『ドクター・デスの遺産』あらすじとネタバレ感想

中山七里さんの「ドクター・デスの遺産」のあらすじと感想をまとめました。 犬養隼人シリーズは医療系ミステリーで、今回は安楽死を扱った小説となっています。日本の法律は安楽死を認めていませんし延命治療も進歩している一方、穏やかに最期の時を待...
2020.06.24
スポンサーリンク