貫井徳郎

貫井徳郎

貫井徳郎『ドミノ倒し』あらすじとネタバレ感想

「ドミノ倒し」のあらすじと感想をまとめました。 読んでいくうちにタイトルの意味が分かってきます。読み進めるうちに事件がどんどん大きくなり期待も高まったところで……衝撃のラストを迎えました。 久しぶりにこの手の話を読みました。
2020.06.24
貫井徳郎

タイトルに偽りなし、貫井徳郎『慟哭』のあらすじとネタバレ感想

貫井徳郎さんのデビュー作「慟哭」を再読したので感想などをまとめました。読み返すのは何年、何十年ぶりだろうというくらい内容を覚えていなかったので、初読みしたも同然です。最後の最後でまた「あっ」と驚かされ、ようやく以前も同じ所で騙されたことを思...
2020.06.24
貫井徳郎

貫井徳郎『烙印』(迷宮遡行)あらすじとネタバレ感想

貫井徳郎さんの「烙印」のあらすじと感想をまとめました。こちらの本はその後「迷宮遡行」として改題、リライトされています。今回は「烙印」の感想です。ある日突然自殺してしまった妻のことを調べるうちに意外な過去が分かって…という内容です。ミステリー...
2020.06.24
貫井徳郎

犯人は誰?貫井徳郎の『プリズム』あらすじとネタバレ感想まとめ

「プリズム」のあらすじと感想をまとめました。 「プリズム」は読み終わった後モヤモヤする本です。なぜならば真犯人が分からないままだからです。被害者の周りにいる4人の語り手たちが、自分たちが理解している範囲で犯人捜しをしていくというストー...
2020.06.24
スポンサーリンク