人気の火村英生(作家アリス)シリーズが漫画でも読める。気になる収録作品は?

有栖川有栖さんの人気シリーズ、「火村英生(作家アリス)シリーズ」がいくつか漫画化されていますので、まとめてみました。

発行レーベルが女性向け漫画なので、男性には少し手に取りづらいかもしれませんが、今は多くの販売サイトで電子書籍化されていますので、読むのにも差し支えないかと思います。

火村英生(作家アリス)シリーズの漫画は何冊出ていて、どの作品が収録されている?

角川書店(KADOKAWA)の「あすかコミックスDX」から5冊出ています。最初の4冊は一度発行したあと、改題して出し直しています。

国名シリーズらしいタイトルと、長編の朱色の研究にタイトルを変更しています。こちらの方が火村シリーズだと一目で分かりますし、何よりらしくていいと思います。

作者は女性向けの漫画を描かれている麻々原絵里依(ままはらえりい)さん。火村シリーズの文庫本の挿し絵もされていらっしゃいます。個人的には、表情や感情をあまり読み取らせないクールな男性を描くのが得意な方だと思っているので、火村英生のイメージにも合いますね。

1.ロシア紅茶の謎新装版 臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート

麻々原絵里依 作。2013年発行、「人食いの謎」(2000)を改題

【収録】ロシア紅茶の謎/動物園の暗号/人喰いの滝/猫と雨と助教授と

 

2.朱色の研究(1)新装版 臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート

麻々原絵里依 作。2013年発行、「朱色の研究 夕陽丘殺人事件」(2001)を改題

 

3.朱色の研究(2)新装版 臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート

麻々原絵里依 作。2013年発行、「朱色の研究 枯木灘殺人事件」(2003)を改題

 

4.ブラジル蝶の謎 新装版 臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート

麻々原絵里依 作。2013年発行、「201号室の災厄」(2003)を改題

【収録】わらう月/201号室の災厄/ブラジル蝶の謎

 

5.英国庭園の謎 臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート

麻々原絵里依 作。2015年発行

【収録】英国庭園の謎/暗い宿

 

小説から「火村シリーズ」に入った身としては、やはり原作からイメージするキャラ像と、実際に画像(漫画)として見るキャラとの差を感じてしまいました。

とはいえ、これはどの小説のメディアミックスでも少なからず経験することなので、慣れてしまえばそれほど違和感なく読めました。

自分の頭の中だけで動いていたキャラたちが漫画やテレビドラマの中でも見ることができるのは、よほど原作と異なる設定に変更されていな限り、ファンにとっても嬉しいものです。それだけ需要があるってことでしょうし。

 

火村英生(作家アリス)シリーズの漫画はどこで読める? 電子書籍で読める場所

紙(漫画本)だと場所を取るし、家でも外出先でも自由に好きな時に読みたい、という人には電子書籍が良いかと思います。有名どころにはほぼありました。

電子書籍ストアには、購入・期限付きレンタル・月額制の読み放題(サブスプリクション)などがありますので、お好みのものを選んでみて下さい。

  • Amazon Kindle(Amazonグループ)※購入
  • ebookjapan(旧yahoo!ブックストア)※購入
  • 楽天kobo(楽天グループ)※購入
  • honto(大日本印刷)※購入
  • ブックウォーカー(KADOKAWAグループ)※購入
  • BookLive(凸版印刷グループ)※購入、試し読みあり
  • renta!(株パピレス)※48時間レンタル、無制限レンタル、無料サンプルあり
  • コミックシーモア(NTTグループ)※購入、レンタル、読み放題の3プランあり、「朱色の研究」は無し

試し読みができる電子書籍ストアもありますので、いきなり買うのがためらわれるという人にも安心です。

ぜひぜひお気に入りのストアから探してみて下さい。