古典部シリーズ

古典部シリーズ

米澤穂信「古典部」シリーズ第6弾『いまさら翼といわれても』あらすじとほんのりネタバレ感想

古典部シリーズ「いまさら翼といわれても」のあらすじと感想をまとめました。今回は短編集です。これだけでも大丈夫といえば大丈夫なのですが、今まで発行された5冊を先に読んだ方が、この短編の登場人物たちの心情がより深く分かって面白いと思います。
2020.06.24
古典部シリーズ

米澤穂信「古典部」シリーズ第5弾『ふたりの距離の概算』あらすじとほんのりネタバレ感想

「ふたりの距離の概算」のあらすじと感想をまとめました。今回の舞台はマラソン大会です。古典部の4人は2年生になり、新入生が1人入ってきました。けれど本入部を前にして退部してしまいます。その責任を感じているえるのため、本当の退部の理由は何だった...
2020.06.24
古典部シリーズ

米澤穂信「古典部」シリーズ第4弾『遠まわりする雛』あらすじとネタバレ感想まとめ

古典部シリーズの短編集「遠回りする雛」のあらすじと感想をまとめました。 こちらは奉太郎たち古典部のメンバーが神山高校に入学してからの1年間を、7つの日常とそこで起きたちょっとした謎とともに収めています。 日常ミステリーであると同...
2020.06.24
古典部シリーズ

米澤穂信「古典部」シリーズ第3弾『クドリャフカの順番』あらすじとネタバレ感想

文系の部活動が活発な神山高校古典部の4人が身の回りの日常的な謎を解くシリーズの3冊目「クドリャフカの順番」のあらすじと感想をまとめました。今回は文化祭が舞台です。 クドリャフカというのは旧ソ連のスプートニク2号に乗せられて初めて地球の...
2020.06.24
古典部シリーズ

米澤穂信「古典部」シリーズ第2弾『愚者のエンドロール』あらすじとネタバレ感想

古典部シリーズ2冊目となる「愚者のエンドロール」のあらすじと感想をまとめました。 一つの謎に対して幾通りもの解答が飛び出してくるという、なかなか頭を使いつつも楽しい一冊でした。普段なら謎に対して徐々に的を絞っていって犯人を見つけていく...
2020.06.24
古典部シリーズ

米澤穂信「古典部」シリーズ第1弾『氷菓』あらすじとネタバレ感想

米澤穂信さんのデビュー作でもある「氷菓」のあらすじと感想をまとめました。 古典部シリーズ第1弾となる一冊です。神山高校の古典部が出している文集のタイトルが何故「氷菓」なのかという疑問から33年前の事件の真相に辿り着くという少しせつなさ...
2020.06.24
スポンサーリンク