堀川アサコ

堀川アサコ

堀川アサコ『これはこの世のことならず たましくる 2(旧「魔所」)』あらすじとネタバレ感想

堀川アサコさんの「これはこの世のことならず」のあらすじと感想をまとめました。 もともとは「魔所」として発行されていたものが、文庫版で改題されたようです。幸代視点だった1冊目とは異なり、さまざまな登場人物視点で書かれた短編集でした。
2020.06.24
堀川アサコ

堀川アサコ『たましくる イタコ千歳のあやかし事件帖』あらすじと感想

昭和初期の青森を舞台とした「たましくる イタコ千歳のあやかし事件帖」のあらすじと感想をまとめました。 双子の姉・雪子の残した幼い娘・安子を父親の実家である青森へと送り届ける幸代が、そこで出会った盲目の少女・イタコの千歳の世話係として家...
2020.06.24
堀川アサコ

堀川アサコ「幻想」シリーズ第4弾『幻想探偵社』あらすじとネタバレ感想

堀川アサコさんの「幻想探偵社」のあらすじと感想をまとめました。 こちらは幻想シリーズ第4弾となっていますが、これだけ読んでも特に不都合なく読み進めることができます。 記憶を失い塵芥となって消えてしまう幽霊を怨霊化させて救うため、...
2020.06.24
堀川アサコ

堀川アサコ「幻想」シリーズ第2弾『幻想映画館』あらすじとネタバレ感想

堀川アサコさんの「幻想映画館」のあらすじと感想をまとめました。 「幻想郵便局」に続くシリーズ第2弾となっており、主人公や舞台はがらりと変わるものの、脇に登天郵便局の青木さんなど懐かしのメンバーが顔をのぞかせたりもして、ファン心をくすぐ...
2020.06.24
堀川アサコ

堀川アサコ「幻想」シリーズ第1弾『幻想郵便局』あらすじとネタバレ感想

堀川アサコさんの幻想シリーズ第1弾「幻想郵便局」のあらすじと感想をまとめました。 生きている人間と死んだ人間の境目にある登天郵便局を舞台としたファンタジー小説です。 実はこのシリーズ、タイトルに惹かれて一番最初に「幻想探偵社」を...
2020.06.24
スポンサーリンク