有栖川有栖

火村英生(作家アリス)

有栖川有栖「火村英生(作家アリス)シリーズ」『モロッコ水晶の謎』あらすじとほんのりネタバレ感想

「モロッコ水晶の謎」のあらすじと感想をまとめました。ショートショートの「推理合戦」が箸休め、それ以外の3編が誘拐殺人、連続殺人、毒殺と日常から離れた特殊な設定となっており、読みごたえがありました。
2020.06.24
火村英生(作家アリス)

有栖川有栖「火村英生(作家アリス)シリーズ」『英国庭園の謎』あらすじとほんのりネタバレ感想

有栖川有栖さんの火村英生(作家アリス)シリーズ「英国庭園の謎」のあらすじと感想をまとめました。何年振りかに読み直したので犯人も忘れているだろうと思っていましたが、意外と覚えているものですね。 細かいところは忘れていたので、時代の流れを...
2020.06.24
火村英生(作家アリス)

有栖川有栖「火村英生(作家アリス)シリーズ」『ペルシャ猫の謎』あらすじとほんのりネタバレ感想

「ペルシャ猫の謎」は、いつもと趣向が違う短編がいくつか収められた1冊です。シリーズものも長くなってくると、様々な角度からアプローチされた話が読めるので嬉しいです。 1話ごとに簡単にあらすじと感想をまとめてみました。
2020.06.24
スポンサーリンク
火村英生(作家アリス)

有栖川有栖「火村英生(作家アリス)シリーズ」『白い兎が逃げる』あらすじとほんのりネタバレ感想

有栖川有栖さんの火村英生(作家アリス)シリーズ、短編集です。今回もアリバイ崩し、ダイイングメッセージ、時刻表トリックなど盛りだくさんの内容で楽しみました。 それぞれのあらすじと感想を簡単にまとめました。
2020.06.24
火村英生(作家アリス)

有栖川有栖「火村英生(作家アリス)シリーズ」『狩人の悪夢』あらすじとほんのりネタバレ感想

火村英生(作家アリス)シリーズの長編「狩人の悪夢」のあらすじや感想をまとめました。 この本は、終盤の火村准教授の犯人を圧倒させるほどの推理と、物語の合間合間に入るほのぼのとしたアリスのつっこみや、火村に対する思いやりや気づかいが印象的...
2020.06.24
火村英生(作家アリス)

有栖川有栖「火村英生(作家アリス)シリーズ」『海のある奈良に死す』あらすじとほんのりネタバレ感想

地理は得意ではないので「海のある奈良」のことを知らなかったのですが、福井県を指すそうです。現代ほど流通も発達しておらず、冷蔵や冷凍の技術も乏しかった昔、都である京都や奈良に日持ちするよう加工した魚などを運ぶ拠点となったのが福井だったそうです...
2020.06.24
火村英生(作家アリス)

有栖川有栖「火村英生(作家アリス)シリーズ」『長い廊下がある家』あらすじとほんのりネタバレ感想

「長い廊下がある家」は短編集ですが、舞台設定が少々大がかりな作品が集まっていると思います。日常の謎というより、特殊状況下で不可解な事件が起きたというものが多いです。 いつもと違った趣向のミステリーを楽しみたいという方に、おすすめの一冊...
2020.06.24
火村英生(作家アリス)

有栖川有栖「火村英生(作家アリス)シリーズ」『菩提樹荘の殺人』あらすじとほんのりネタバレ感想

「菩提樹荘の殺人」は4つの短編から構成されている本です。今回は14年来の友人であるアリスも知らなかった大学時代の火村の話も語られ、ミステリー物というだけでなくファンサービスもたっぷりの一冊でした。テレビドラマ化した話も収録されているので、改...
2020.06.24
火村英生(作家アリス)

有栖川有栖「火村英生(作家アリス)シリーズ」『スウェーデン館の謎』あらすじとほんのりネタバレ感想

国名シリーズの長編「スウェーデン館の謎」のあらすじと感想をまとめました。まだスマートフォンはおろか携帯電話すら一般的にそれほど普及していない時代の話なので、写真はデジタルではなくアナログで、いちいちお店に現像に出していたなぁなどと懐かしさを...
2020.06.24
火村英生(作家アリス)

有栖川有栖「火村英生(作家アリス)シリーズ」『ブラジル蝶の謎』あらすじとほんのりネタバレ感想

短編の良いところは、テンポよく進むストーリーとミステリーが解明されるまでの無駄のない過程だと思います。それに名コンビのやりとり。準レギュラーである警察関係者の人柄を垣間見られるのも嬉しいところです。 そんな短編を集めた「ブラジル蝶の謎...
2020.06.24
スポンサーリンク