有栖川有栖

火村英生(作家アリス)

有栖川有栖「火村英生(作家アリス)シリーズ」『高原のフーダニット』あらすじとほんのりネタバレ感想

今回収録されている短編2作品は、事件自体はありきたりなのですが、火村准教授が呼ばれるほど犯人をなかなか絞り切れない厄介な事件でもありました。元刑事というある種の先入観を抱かせる人物も登場し、短編でも読みごたえは十分です。 そんな短編集...
2020.06.24
有栖川有栖

有栖川有栖「火村英生(作家アリス)シリーズ」『妃は船を沈める』あらすじとほんのりネタバレ感想

「妃」と呼ばれる一人の女性にまつわる一連の事件をとりあげた1冊です。探偵と対峙する女性というとシャーロック・ホームズシリーズのアイリーン・アドラーを思い浮かべますし、妃という名前からはエラリー・クリーンが出てきます。そういうのを意識して命名...
2020.06.24
火村英生(作家アリス)

有栖川有栖「火村英生(作家アリス)シリーズ」『怪しい店』あらすじとほんのりネタバレ感想

夜寝る前に少しだけ何か読みたいと思った時、有栖川有栖さんの本は最適です。 読み口は軽いのに仕掛けられたトリックは謎だらけで、その分、それらの不可解さがすっきりと解明された時の満足度がとても高いからです。私にとっては、脳が満足して良い眠...
2020.06.24
火村英生(作家アリス)

有栖川有栖「火村英生(作家アリス)シリーズ」『インド倶楽部の謎』あらすじとネタバレ感想

有栖川有栖さんの「火村英生(作家アリス)シリーズ」最新作、『インド倶楽部の謎』についてまとめました。インドに伝わる予言書という、神秘的な雰囲気を漂わせる出だしからはじまったストーリーも、あっという間に読み終わってしまうほど今回も面白かったで...
2020.06.24
火村英生(作家アリス)

有栖川有栖「火村英生(作家アリス)シリーズ」第1弾『46番目の密室』あらすじとほんのりネタバレ感想

有栖川有栖さんの記念すべき「火村英生(作家アリス)シリーズ」の1冊目のあらすじなどをまとめました。 今は34歳で年齢が止まっていますが、初登場時はアリスも火村も32歳。若いです。1冊目とあって二人の大学時代の出会いなども載ってます。 ...
2020.06.24
有栖川有栖

作家アリスシリーズ、火村英生と有栖川有栖川の関係はどういったもの?

「国名シリーズ」など人気のタイトルを持ち、1992年の初登場から途切れることなく続いている「火村英生(作家アリス)シリーズ」。 探偵役とワトソン役の二人は、一体どういう関係なのか。気になるので整理してみました。
2020.06.24
有栖川有栖

有栖川有栖小説 どちらから読む? 学生アリスシリーズと作家アリスシリーズの相違点など

作家、有栖川有栖さんの2本柱というべき2つの人気シリーズ。 語り手がどちらも「有栖川有栖」のため、読み始めの頃は「どっちがどの話だったかな?」と混乱しがちでした。この2つのシリーズの違いなどを整理してみました。
2020.06.24
おすすめ

有栖川有栖の人気シリーズ「火村英生シリーズ(作家アリス)」とは? シリーズ紹介とおすすめの読む順番

2019年9月に火村英生シリーズの待望の新刊が出ました。昨年に引き続き国名シリーズとしてまとめられた短編集です。 1992年から続く人気シリーズについて、おすすめの読む順番をまとめてみました。 「火村英生(作家アリス)シリーズ」とは...
2020.06.24
おすすめ

人気の火村英生(作家アリス)シリーズが漫画でも読める。気になる収録作品は?

有栖川有栖さんの人気シリーズ、「火村英生(作家アリス)シリーズ」がいくつか漫画化されていますので、まとめてみました。 発行レーベルが女性向け漫画なので、男性には少し手に取りづらいかもしれませんが、今は多くの販売サイトで電子書籍化されて...
2020.06.24
おすすめ

有栖川有栖の小説、どれから読めばいいのか迷っている人へおすすめの順番

2019年に作家の有栖川有栖さんがデビュー30周年を迎えられました。 春には新刊が発売され、30周年にタイミングを合わせたかのように今秋、3年半ぶりに有栖川さんが原作の日本テレビ系ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」のセカンドシーズ...
2020.06.24
スポンサーリンク