長編

岬洋介シリーズ

中山七里「岬洋介シリーズ」第3弾『いつまでもショパン』あらすじとネタバレ感想

中山七里さんの「いつまでもショパン」のあらすじと感想をまとめました。 ショパン・コンクールの参加者の一人、ヤン・ステファンス視点で話が進むため、主軸がピアノコンクール、それに時々事件が混じるといった構成になっています。岬も出てきますが...
岬洋介シリーズ

中山七里『合唱 岬洋介の帰還』あらすじとネタバレ感想

中山七里さんの「合唱 岬洋介の帰還」のあらすじと感想をまとめました。 豪華、の一言です。タイトル通りメインは「岬洋介シリーズ」かもしれませんが、他の作品の主役級のキャラ達がほぼ全員出てきて事件に絡んできます。事件の舞台が埼玉なので、さ...
中山七里

中山七里『帝都地下迷宮』あらすじとネタバレ感想

中山七里さんの「帝都地下迷宮」のあらすじと感想をまとめました。 廃駅オタクの区役所職員が、違法をおして都内の地下にある廃駅へ行くとそこには100人ほどの住人がいて……というちょっと変わった設定でした。引き込まれる文章に舞台設定、人物設...
2020.06.24
スポンサーリンク
囲 恭之介

囲恭之介『千年探偵ロマネスク 大正怪奇事件帖』あらすじとネタバレ感想

囲恭之介さんの「千年探偵ロマネスク 大正怪奇事件帖」のあらすじと感想をまとめました。 大正時代を舞台とした怪奇ミステリーということですが、あまり時代を感じることはなくスイスイ読み進めました。面白かったのですが探偵役の白比丘尼の見た目が...
2020.06.24
喜多喜久

喜多喜久『研究公正局・二神冴希の査問 幻の論文と消えた研究者』あらすじとネタバレ感想

喜多喜久さんの「研究公正局・二神冴希の査問 幻の論文と消えた研究者」のあらすじと感想をまとめました。 なかなか研究成果が出せず契約打ち切りの危機に瀕している研究者・円城寺が、契約延長を餌に2年前の万能細胞・PAX細胞の捏造論文事件での...
2020.06.24
青柳碧人

青柳碧人『未来を、11秒だけ』あらすじとネタバレ感想

青柳碧人さんの「未来を、11秒だけ」のあらすじと感想をまとめました。 タイトルから推測して主人公が特殊能力持ちのミステリーかと思っていましたが、複数の登場人物が特殊能力を持っている話でした。ところどころ意味が分からない箇所があるのが不...
2020.06.24
中山七里

中山七里『死にゆく者の祈り』あらすじとネタバレ感想

中山七里さんの「死にゆく者の祈り」のあらすじと感想をまとめました。 教誨師(きょうかいし)の顕真が主人公の話です。Wikipediaによると教誨師とは受刑者に対して徳性の育成を目的として教育することで教誨・教戒を行う者のことです。死刑...
2020.06.24
滝田務雄

滝田務雄『長弓戯画 うさ・かめ事件簿』あらすじとネタバレ感想

滝田務雄さんの「長弓戯画 うさ・かめ事件簿」のあらすじと感想をまとめました。 イケメンだけどオネエ言葉の少女漫画家と担当編集のコンビだと思うのですが、ヒロイン役と思われる女性編集が暴力的すぎていまいちハマりきれませんでした。
2020.06.24
降田天

降田天『すみれ屋敷の罪人』あらすじとネタバレ感想

降田天さんの「すみれ屋敷の罪人」のあらすじと感想をまとめました。 旧紫峰(しほう)家の敷地内から発見された二体の白骨死体の身元を当時の関係者らの話をもとに解き明かしていくと言うストーリーになります。 証言者が増えるたび白骨の候補...
2020.06.24
天久鷹央の推理カルテ

知念実希人「天久鷹央の推理カルテシリーズ」第10弾『魔弾の射手』あらすじとネタバレ感想

知念実希人さんの「魔弾の射手」のあらすじと感想をまとめました。 目に見えない凶器(魔弾)の正体を探る医療ミステリーです。魔弾の真相に迫るまでは普通のミステリーなのですっかり忘れて読み続け、最後の最後で「あ、これ医療ミステリーだった」と...
2020.06.24
スポンサーリンク