米澤穂信『犬はどこだ』あらすじとネタバレ感想

米澤穂信さんの「犬はどこだ」のあらすじと感想をまとめました。

犬探し専門の調査事務所を立ち上げた主人公が、どんどん業務内容から離れていき最後にとんでもない結末にたどり着く……という話です。

読み終わった後、タイトルが主人公の心の叫びのように思えてきました。

「犬はどこだ」書籍概要

開業にあたり調査事務所“紺屋S&R”が想定した業務内容は、ただ一種類。犬だ。犬捜しをするのだ。―それなのに舞い込んだ依頼は、失踪人捜しと古文書の解読。しかも調査の過程で、このふたつはなぜか微妙にクロスして…いったいこの事件の全体像とは?犬捜し専門(希望)、25歳の私立探偵、最初の事件。新世代ミステリの旗手が新境地に挑み喝采を浴びた私立探偵小説の傑作。「BOOK」データベースより

  • 犬はどこだ(2005年7月/東京創元社ミステリ・フロンティア)
  • 犬はどこだ(2008年2月/創元推理文庫)
created by Rinker
¥814(2020/10/28 05:05:15時点 楽天市場調べ-詳細)

あらすじ

体調不良により退職を余儀なくされ故郷へと戻ってきた紺屋は、何か自営業を始めることにした。選んだのは「犬探し専門の調査事務所」。友人の宣伝のおかげか、開業と同時に2件の依頼が舞い込んだ。だが友人は「犬探し」を忘れて伝えたのか、依頼されたのは失踪人探しと、古文書の由来調べ。探偵に憧れる高校時代の後輩がおしかけ部下になり、手分けをしてそれぞれの業務に当たることにした。

登場人物

  • 紺屋長一郎:25歳。東京から八保市にUターン後、犬探し専門の「紺屋S&R」を立ち上げる。
  • 半田平吉:高校時代の後輩。生活費はバイトで稼いでいる、完全成功報酬制のおしかけ社員。
  • 佐久良且二:連絡がとれなくなった孫の行方を捜して紺屋に依頼する。
  • 佐久良桐子:東京の会社を辞め住民票を谷保市に移したのち行方不明。
  • 百地啓三:立て直し予定の公民館に飾る古文書について由来を知りたいと依頼する。
  • GEN:紺屋のチャット友達。パソコン関連に詳しい。

失踪人探し

一人目の依頼人は「佐久良桐子」を探すことだった。東京で働いている桐子宛の郵便物が、谷保市にある且二の家に届くようになったという。心配した両親が連絡をとったものの繋がらず、桐子は会社を辞めアパートも解約して姿を消していた。だがそれらは全て桐子自身によって手続きがなされていたことから、両親は娘の意志を尊重し静観することに決めた。

また桐子から送られてきた且二宛の手紙の消印が谷保市になってため、桐子は谷保市のどこかにいるはずだから探してほしいと且二は頼んだ。

古文書調べ

紺屋が事務所を開いたと聞きつけた後輩の平吉が雇ってほしいとやってきた。探偵に憧れているらしい。渋る紺屋だったが、新たな依頼人がやってきたため平吉に任せることにした。

依頼人は隣町の谷中という地域の自治会長・百地。神社が持つ古文書を公民館に飾るに当たり、代々大事に保管されてきた文書が紙くず同然の代物でないかどうかを知りたいらしく、教育委員会に届ける前に由来を知りたいという内容だった。

早速神社へ出向き古文書の写真を撮った平吉は、教育委員会の事務所で町の歴史に詳しい人物の紹介を頼むと江馬という名前を教えられたものの、彼はすでに亡くなっていた。もう一人、岩茂という高校教師を紹介され、そちらで話を聞くことができた。研究対象の時代が異なるものの、岩茂のかつての教え子が平吉と同じことを調べていたため、すぐに古文書に書かれている内容を知ることができた。また教え子が参考にしていたものとして、江馬の自費出版本を教えてくれる。図書館に寄贈されているはずだという。教え子の名前は佐久良桐子だったが、平吉は失踪人探しとの関連に気づかなかった。

調べをはじめて間もなく、平吉はサングラスをかけた怪しい練馬ナンバーの男に、調査から手を引くよう警告を受けた。

図書館で江馬の蔵書を見つけたものの、肝心の本だけが貸出中だった。平吉の村と町の図書館が連携していため、平吉は図書カードを作り予約を入れた。外に出ると平吉と同じ本を探しているという学生風の男に声をかけられ、本が返却されたら先に読ませてほしいと頼まれる。この地域に住民票がないので図書カードを作れず予約ができないうえ、お金の関係で長期間滞在するのは難しいらしい。平吉は了承し連絡先を聞いた。

だが目当ての本を岩茂も持っていることを知り、そちらから借りられることになった。その本には古文書のことが詳しく載っており、残す平吉の仕事は報告書をまとめることだけとなった。

失踪人探し・続き

桐子の手掛かりを求めてあちこちに電話した結果、彼女は何らかの事情でやむを得ず会社を辞めたらしいことが分かった。だが同じ職場の恋人は事情を知らされていなかった。

桐子の地元の友人からの情報を調べた結果、彼女がつい最近、高校時代の行きつけの喫茶店でランチを食べ、行きつけのファンシーショップで買い物をし店員と学生時代を懐かしんで話が盛り上がったことを知る。桐子はたしかに地元に戻っているらしい。

紺屋には「GEN」というハンドルネームのチャット友達がいた。GENは紺屋が地元に戻った理由などにも通じており、紺屋の手助けをしてくれるという。酔いも手伝い桐子に関する手掛かりから調査を依頼した結果、桐子が「エマ」というハンドルネームでサイトを持っていたこと、そこに設置していた掲示板で「蟷螂」という人物にかなりしつこく粘着されサイトを閉鎖せざるを得なかったことなどが分かった。2人のいきさつはネット上の事件を扱うサイトで「エマvs蟷螂事件」としてまとめられていた。

桐子のサイトは閉鎖し、アーカイブにも残らないよう念入りに痕跡を消されていた。かろうじて復元できた桐子の日記からは、東京での居場所やふるさとが特定できるような言葉が散見された。おそらく実生活でも被害があったのではないか、桐子は蟷螂から逃れるためサイトを閉じ、会社を辞めアパートも解約したらしいと推測された。

峠を越えて且二の家へと行った紺屋は、桐子が屋根裏に潜伏していたと思われる痕跡を見つけた。残されていた日記から、桐子が谷中城に場所を移すことが分かった。だが谷中城はすでになく、地元の人間ですら正確な位置が分からない場所だった。行き詰った紺屋のもとに、平吉から連絡が入った。

クライマックスへ

一晩かけて古文書の報告をまとめた平吉は、喫茶店にいた。そこに例のサングラス男が現れた。男は平吉を紺屋だと思い込んでおり、勘違いで警告を発していたらしい。そして至急紺屋に連絡を取りたいと頼み込んでくる。

平吉からの連絡を受けた紺屋がやってきた。男は東京の調査事務所の人間で、以前桐子に依頼されて護衛を行っていた。だが依頼時間外に桐子は蟷螂に襲われた。抵抗した桐子によって蟷螂は腹部を刺され入院したが、彼女を更に追い詰めるため蟷螂は警察に届けなかった。蟷螂の入院中に桐子は姿を消し、退院した蟷螂は桐子を追いかけて谷保市にきているのだという。蟷螂の名前は間壁といった。男は桐子を守れなかったことを悔やみ、谷保市に来ていた。

桐子の友人が、彼女がホームセンターでロープを購入するのを見たという証言を思い出し、紺屋は追い詰められた桐子が谷中城で自殺を図るのではと心配した。

平吉から渡された報告書は上手にまとまっており、その中に谷中城の位置が記されていた。平吉が図書館の外で本を貸す約束をした男の名前が鎌手だったことから、鎌手=蟷螂=間壁ではないかと当たりをつける。平吉同様、図書館で江馬の本を手に入れた間壁は谷中城の場所を知り向かったに違いない。

2人がいる場所へと駆け付ける紺屋は、城へと向かう山道の途中、あるものを見つけた。道中の自分の推理が当たっていたことを確信した紺屋は大声で桐子の名前を呼び、現れた彼女に祖父が心配しているので家に戻って連絡するように促すと、自分も山を下りた。

後日、且二から依頼料が振り込まれてきた。事務所に作成した通帳を眺めながら、紺屋はある確信を抱いていた。桐子が失踪したのは、蟷螂から逃げるためではなかったことを。

 

□□

連絡が取れなくなった孫の行方を捜すという依頼の裏には、かなり大掛かりな事件が仕掛けられていました。この手の事件モノは、たいてい犯人が捕まって終わりというパターンが多いのですが、それ以外の終わり方もあったのですね。

タイトル通り全編を通して犬が出てこなかったのも含め、凄い一冊です。